• あかつき数学塾

※ 初めての方はこちらをご覧ください



本日は、[ リング : 96番 ]をベースに[ 丸型ギア : 45番 ]を使用して描ける、きかがく模様(前編)を紹介します。

(写真左) [ リング : 96番 ] 内径65mm , 歯数96

(写真右) [ 丸型ギア : 45番 ] 外径30mm , 歯数45 , 穴の数16

    [ 使用したペン ] ドクターグリップ(0.5) 赤

    [ 参考 ] 96と45の最小公倍数は1440 , 1440÷45=32


果たしてどんな図形が描けるのでしょうか。




[96_45-1] 今回は、これまでで一番複雑な形からスタートです

[96_45-2] 今回の図形の花びらは、32枚と過去最多です

[96_45-3] 内部の正三十二角形は、この段階でもう判断できません

[96_45-4] あまり変化がわかりません

[96_45-5] どこが変わってきているかな……

[96_45-6] 内部の正三十二角形の周り線が密集してきました

[96_45-7] いつの間にか花びら1つ1つが短くなってきています

[96_45-8] 内径と外形が近付き、前半は終了です



今回は、過去最多32枚の花びらからのスタートとなりました。この複雑な図形はこの後どのように変化していくのでしょうか?


次回は、丸型ギア : 45番の後編です。どんな図形が描けるのかお楽しみに!


千葉県松戸市八柱にある算数・数学専門の個別指導塾、暁数学塾でした。


-----------------------------------------------------------------------------------------

このコンテンツ「きかがく模様の研究」の図形はすべて、

株式会社ビバリー」さんの「スピログラフ」を使用しています。

©2017 Hasbro. All Rights Reserved. Manufactured and Distributed by Kahootz,LLC.2017 Kahootz,LLC

-----------------------------------------------------------------------------------------

28回の閲覧